Hubzillaの基本情報

Hubzillaの基本的な情報です

Hubzillaは分散型プラットフォームを利用した多彩なサービスを提供するためのフリーソフトウェア、またこれが提供する連合型のサービスである。

https://project.hubzilla.org/page/hubzilla/hubzilla-project

機能の概略

  • Google+風ポスト/コメントで構成されるSNS
  • 使用プロトコルはzot、その他ユーザーがアプリを追加することでActivitypub(Mastodon系)、diaspora、OStatus(GNU Social系)に相互に接続、会話することができる
  • BBCodeやMarkdownを利用した文字装飾
  • SNS以外にもカレンダーやWebDAV(簡易クラウドストレージ)、ブログ作成、webページ作成等が可能
  • 独自の"ノマディックアイデンティティ(遊牧民のアイデンティティ)"によりサーバーに縛られない柔軟な運用が可能

ノマディックアイデンティティとは

  • zotに搭載される最大の機能。
  • 一般的にサービスを利用する側は提供する側にアカウントを作り、そこに束縛されておりデータのお引っこしなどはできない。
  • zotではこれを解決するために、"アカウントとユーザーデータの分離"をしている。
  • 登録するメールアドレスやパスワードはそれぞれのサーバーに必要だが、中のユーザーデータは必ずしも別ではないということ。
  • そうするとユーザーが鯖Aにアカウントとユーザーデータを作成し、そのデータを鯖Bに全て持っていくことができるようになる。
  • この利点は他の鯖にユーザーデータのミラーリング等ができるためサーバーが停止した時でもユーザーは問題無くミラー先でSNSを使用し続けることができることだ。
  • 例 : ここここここは見た目同じに見えるが全て別のサーバーであり、どのサーバーにログインして投稿したとしてもどのサーバーにも反映される。サーバーがメンテナンス時等アクセスできないタイミングでもユーザーはミラー先でSNSを利用できる、ということなのだ。

推薦動作環境

  • Ubuntu 18.04

Hubzillaの入手

公式ドキュメント

稼働中の日本向けサーバー

  • Harukin+! ボッチで寂しいからみんな建てて!(懇願)